記事一覧

確かに存在する「肌にいい食事」教えます②

美肌を手に入れたいのならば、真っ先に偏食は止めるべきといえます。ビタミン類も肌にとっては欠かせません。特にビタミンCは、紫外線によって体内で発生したフリーラジカルによる酸化を防ぎ、コラーゲンの生成にも関与しています。加えて、メラニン色素が沈着することを防ぐなど、肌には必要不可欠なビタミンです。ビタミンB群は肌の新陳代謝などを高め、ビタミンAは肌の免疫機能を正常に導き、ビタミンEは肌の血液循環を改善します。さらに、肌の再生を促す亜鉛などのミネラル分も、摂取することが大切です。お肌のためには、タンパク質とビタミン類、亜鉛などのミネラル分も適度に食べましょう。そして、色素細胞を守るため、もうひとつ、ビタミン類以外にDHA(ドコサヘキサエン酸)の摂取も心掛けてください。

DHAは、不飽和脂肪酸の一種で、特にイワシ、ブリ、サンマ、ハマチ、サワラなどの魚に多く含まれています。人間の身体では、脳や網膜などの脂肪酸の成分として存在していますが、近年、DHAの摂取は、生活習慣病の予防や認知症の改善などで注目を集めています。色素細胞は、神経細胞の一種であり、認知症などで脳の神経がダメージを受けると、連鎖してダメージを受ける可能性があります。そして、DHAには、認知症を改善するなど明らかな神経保護作用があるといわれているのです。野菜や果物、うなぎやレバー、大豆などに加えて、ぜひDHAを含んだ魚類も摂取してください。

魚料理は、焼く、あるいは、煮たりしてもDHAが壊れることはありません。お好みの調理法でどうぞ。ただし、DHAは空気に触れると酸化しやすく、変性してしまうため、できるだけ鮮度のよい魚を選んでください。「お料理が苦手」あるいは「料理を作る時間を趣味に回したい」という方の中には、サプリメントの活用を考えている人もいると思います。しかし、私はこれらの成分をサプリメントだけで補うことはおすすめしません。サプリメントは、確かに成分を手軽に補える便利な食品ですが、成分を濃縮しているだけに「過剰摂取」に結びつくことがあるからです。

サプリメントの過剰摂取による健康被害は、かねてより報告されています。詳しくここで紹介することは省きますが、「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。いくら色素細胞を守るためとはいっても、サプリメントを多量に摂取して肝臓や腎臓などの別の臓器に悪影響を及ぼしては元も子もありません。サプリメントの活用ははどはどに、日常の食事からバランスよく摂ることを考えてください。加えて、美肌のための食事について、こだわりすぎてストレスを感じたときには、考えるのを止めていただぎたい。過度なストレスは、神経細胞の一種である色素細胞にダメージを与えるからです。バランスのよい食事は、楽しく摂りましょう。

ご自身で作るのが面倒なときには、ご家族やお友だちと会話を弾ませながら外食するのも方法といえます。そして繰り返しますが、ストレスをためないようにして美肌に役立つ食生活を継続すること。食欲は人間の3大欲求のひとりであり、また最大の娯楽のひとりでもあります。量とバランスを気にかけながらも、「楽しさ」をそこなわないようにしたいものです。ただし、カロリーの摂りすぎには注意してください。理想は1日1800キロカロリー程度。また、多量のアルコール摂取は、肝臓の機能を低下させて細胞の新陳代謝も悪くするので、毎日お酒を飲むならばほんの少しと心得てください。