記事一覧

きれいな肌を維持できない本当の理由①

10代の人の肌と30代、40代の人の肌を比べると、前者の方が肌の弾力やハリがあるのは明らかです。どんなに手入れをしても、40代の人が10代の人と同じ肌の弾力を持つのは不可能ともいえます。50代や60代の中には、30代や40代に見える人たちもいます。若々しい肌ですが、化粧やファッションでごまかしても、10代には見えません。細胞の老化は30代以降加速するからです。どんなに細胞の老化を食い止めても、最初の肌にはリセットできないともいえます。そもそも細胞は、分裂を繰り返して新しいものに置き換わっています。人間の身体が維持されているのは、古い細胞から新しい細胞に置き換わっているからです。

ところが、この細胞分裂がある時期を境に減ってしまう、あるいは、できなくなってしまうのが「老化」です。新築した家も、何年開かに一度、壁を塗り替えるなどしてリフォームをすると、建物はキレイで機能的に維持されます。しかし、新築の家ではありません。細胞も、大人になって身体が出来上がったときが新築された状態であり、リフォームをしつつ維持しているのが、細胞分裂により細胞が置き換わっている状態と考えください。リフォームができているときには、家は維持されているといいましたが、リフォームをしなくなれば家は荒れ果てて行きます。一生涯、こまめにリフォームをすることは家に対してならば行えますが、細胞に対してそれをコントロールするのは、今のところ不可能です。不老長寿が実現していないことでもおわかりいただけると思います。

老化の理由として、細胞には、細胞分裂の回数があらかじめプログラムされているという説があります。最終的な回数を迎えると細胞は停止あるいは死んでしまうのです。また、細胞の中には、設計図ともいえる遺伝子があるのですが、これが傷つくことで、細胞の修復する能力が低下するという説もあります。設計図を失うために、家のリフォームができなくなるといったイメージです。加えて、設計図が改ざんされて、本来望んでいたリフォームではなく、家を破壊するようなことも起こります。それが病気のがんです。そんな諸説から、一般的に人間の寿命は最高で120歳程度といわれています。100歳になっても元気な方はいますが、10代と同じ運動能力や身体機能を維持しているわけではありません。