記事一覧

保湿、紫外線対策、生活習慣の改善だけを徹底しなさい!②

肌に刺激を与えないためには、シンプルなものが望ましい。成分がたくさん入った高価なものをわざわざ購入する必要はありません。お手持ちの化粧品で十分です。そして、少なくとも朝と晩の1日2回の使用によって表皮の保湿を維持してください。肌の表面を保護することで色素細胞は守られます。肌がカサカサしているようなときには、特に意識して保湿をするようにしてください。もちろん、色素細胞を守るために、強い紫外線は避けることもお忘れなく。しかし、紫外線を防止する日焼け止めによって、その成分が肌に合わずに湿疹が生じる、あるいは、汗で流れてまだらになった肌の部分から紫外線が入ってきて、無意識のうちに部分的な日焼けをするなどのトラブルを抱えてしまう人もいます。日焼け止めは万能とはいえません。

そのため、真夏の海水浴では、どうしても肌のトラブルは起こりがちです。大人になったら真夏の海水浴は、肌の健康のために避けるべきです。とはいえ、バカンスを楽しみたいですよね。美肌のために楽しみがひとつ減るのは寂しいものです。日焼け止め化粧品を活用しつつ、ビーチパラソルの日陰と、バスタオルなどで全身をカバーして紫外線をなるべく避けるようにしてください。そして、夜にはオイルなどで顔だけでなく全身の肌の保湿も心掛けていただきたいと思います。そして、肌の表面から栄養を与えるのではなく、身体の内側から肌の細胞が健康になるように心掛けてください。

その方法は簡単です。規則正しい食生活と睡眠といえます。つまり、色素細胞の働きを元気にして、美肌を手に入れるには、肌の表面の保護と健康的な生活習慣の実現が、なによりも大切なことなのです。わざわざ高価な美容液を買うならば、その分、バランスのとれた料理を食べてください。多額の出費で色素細胞を守るために四苦八苦するよりも、「紫外線防止」「保湿」「生活習慣の見直し」に注意していただきたいのです。肌のためだけに「時間とお金をかけたくない!」という方も、この3つのポイントであれば実践できるはずです。