記事一覧

コラーゲンを増やす3ステップ!

肌に存在しているコラーゲンは、食品を飲んでも化粧品を塗っても増えません。わざわざそのようなことをしなくても、毎日のように体内では合成されています。コラーゲンの材料となるアミノ酸は、食べ物のタンパク質が分解されることで得られるため、タンパク質を摂取していれば、自然にコラーゲンは増えやすくなるのです。ダイエットをしすぎると肌の弾力やハリが失われやすいのは、細胞に栄養が届かないだけでなく、コラーゲンの合成も十分に行われなくなるからといえます。コラーゲンを増やすためには、肉や魚、大豆などのタンパク質を適量、バランスよく摂取してください。また、肌のコラーゲンを増やすには、コラーゲンを合成する細胞も元気でなければなりません。

その細胞が老化して変性していれば、材料を届けてもコラーゲンは増えないのです。そこで、コラーゲンを増やすためにまず考えなければならないのは、全身の細胞が元気になるような食生活の改善といえます。無理なダイエットを続けている方は、ただちに止めてください。そして、仕事などの状況で難しいかもしれませんが、熟睡できる睡眠時間をしっかりとってください。加えて、明るく快活な日々を過ごしましょう。こういうと、「なんだ、規則正しい生活のことか」とつまらなく思われる方もいるかもしれませんが、細胞を活性化させるためには、規則正しい食生活がなによりも大切なことなのです。

さらに、細胞を破壊する紫外線の防止や禁煙に努めてください。これが体内のコラーゲンを増やす第1のステップです。次に材料の補給です。細胞にとって必要な材料を届けるには、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルといった栄養素をバランスよく食事から摂取しなければなりません。しかも標準を超えない体重をキープするために適量が望ましい。人間は、激しい運動をしていなくても、内臓や筋肉、血管などの働きによってエネルギーを使っています。それを基礎代謝といいますが、30代~40代の平均的な値は1150キロカロリー。ジーツと寝ている人はともかく、日常生活を送っている人は、デスクワークならば1日1800キロカロリー程度を食事で摂るのが目安でしょう。

栄養バランスのいい食事をしっかり摂る。それが第2のステップです。さて、タンパク質を摂取して、コラーゲンを体内で増やすときに欠かせないものがあります。ビタミンCです。バランスのいい食生活をしていれば自然にビタミンCも摂ることはできます。無理にサプリメントを活用する必要はありません。コラーゲンには、ヒドロキシプロリンとヒドロキシリジンというアミノ酸が含まれています。これらは、肝臓や小腸で合成されるプロリンというアミノ酸と、体内では合成できない必須アミノ酸・リジン(魚や豆類に豊富)が、コラーゲンのタンパク質の鎖が出来上がった後に、酸化酵素によって構成要素に組み込まれる仕組みになっています。

組み込まれないとコラーゲンは完成しません。そのときにビタミンCが不可欠なのです。そのため、肉や魚といったタンパク質を一生懸命食べても、ビタミンCが欠乏しているとコラーゲンは合成されません。このビタミンCの摂取が、第3のステップです。壊血病という病気をご存知でしょうか。これは、ビタミンCが欠乏してコラーゲンが合成されないために、肌や臓器、血管の細胞が破壊されて出血しやすくなる病気です。かってはなぜ細胞が破壊されてしまうのかわかっていませんでした。歴史を振り返れば、長い期間、大きな船に乗る船乗りたちが、この病で命を落としています。15世紀~16世紀にかけてインド航路を発見したポルトガルの冒険家・ヴァスコ・ダ・ガマも、航海中に100人の船員を壊血痛で失いました。

ビタミンCの欠乏が壊血病の原因であり、結果としてコラーゲンが合成されないことがわかったのは近年のことです。一般的にもビタミンCは、肌にいいといわれていますが、コラーゲンを増やす上でも重要といえます。みなさんには、ぜひ規則正しい生活と1日に必要とされるバランスのいい食事の摂取を心掛けていただきたい。そして、タンパク質&ビタミンCもぜひ忘れないでください。ただし、ビタミンCの補給のためにかんきつ類を取りすぎると、色素のカロテンが脂肪にくつついて沈着し、肌が黄色くなることがあります。食べるのを止めれば自然に治るものですが、食べすぎにはご注意ください。何事もはどはどが肝心と考えて、肌の細胞とコラーゲンを生き生きとさせる食生活を実践していただきたいと思います。

コラーゲン神話はイメージの産物

健康食品や化粧品では、新たな成分による新製品が登場するたびに、ブームを引き起こすようです。メーカーにとっては、新しい成分を見つけ、いかに消費者にアピールするかが決め手となるでしょう。しかし、奇抜すぎると消費者は眉をひそめます。安全性がわからないからです。新しくて尚且つ安全なもの。コラーゲンは、まさに優等生となるべき資質を備えていました。なにしろ、コラーゲンは昔から馴染みのある成分です。煮こごりなどの料理で日常的に食べていますし、ゼラチンもコラーゲンから作られています。医薬品などでも「つなぎ」としてコラーゲンは使われているため、安全なものとしてのイメージは湧きやすい。加えて、ゼリーのプルプル感からコラーゲンも「プルプル肌」のイメージを持たれやすいといえるでしょう。

しかも、肌にはたくさんのコラーゲンが存在しています。人間が保有するコラーゲンの約40%は肌に存在し、弾力やハリをキープしています。この肌のコラーゲンが変性すると、弾力がなくなるだけでなくシワの原因にもなるため、肌にとってコラーゲンが大切であることは事実です。さて、ぷるぷるとした肌には、コラーゲンが必要不可欠。その事実と、商品のコラーゲンを結びつけているのが、健康食品や化粧品です。一般の方々は、コラーゲンにたくさんの種類があることは知りません。ご存じの方もいるかもしれませんが、多くの人はコラーゲンが1つの種類だと思っています。そして、コラーゲンがどのように体内で作られるかも知りません。

美肌を担う肌のコラーゲンと、昔から馴染みのあるコラーゲンという成分。それがマッチングしやすい状況があったといえます。美肌=コラーゲンを企業で打ち出せば、消費者はそのイメージをあっさりと受け入れやすい土壌がありました。1社がそのイメージで打ち出して商品が売れれば、他社も便乗するのは経済の市場原理です。健康食晶や化粧品は、医薬品のように臨床試験で科学的な効果を証明することも要求されていません。健康食品や化粧品に含まれるコラーゲンの成分が、どのように肌のコラーゲンに役立つのか、科学的な証明をする必要はないのです。そして、健康食品や化粧品の基準でコラーゲンを配合すれば、次々に商品は作り出すことができます。結果として、売り場にはコラーゲン商品がズラリと並ぶ。

「美肌にはコラーゲンが関わっている」「プルプルの肌はコラーゲンのおかげ」「コラーゲンを補いましょう」と聞けば、美肌のためにコラーゲンを補う必要があることは、子どもでも理解できます。そして、目の前にはコラーゲンを配合した健康食品や化粧品が山ほどある。「コラーゲンを補う」イメージと商品はマッチングしやすいのは当然ともいえます。そんな光景が当たり前となってしまったことが、「コラーゲンは肌にいい」となんの疑問も抱かずに、みなさんが思うようになってしまったカラクリです。中には、「何年もコラーゲン配合の商品を使って、肌の状態はとてもよい。私自身の肌がコラーゲンの力を証明している」という方もいるでしょう。私も商品を否定するつもりはありません。

ただ、事実として、コラーゲンを食べても、それが肌のコラーゲンの材料として使われる保証はなく、化粧品として肌にコラーゲンを塗ったとしても、肌の奥には届かない。仮にコラーゲンの分子量を小さくして肌の表面から奥へと浸透させたとしても、それが肌のコラーゲンとして使われるかどうか、科学的な根拠に乏しいということをいいたいだけなのです。美肌に対して、あまり役には立たないコラーゲンですが、飲んだり塗ったりしても、害が少ないことがブームに拍車をかけて市場は伸び盛りです。コラーゲン神話は、美肌から「軟骨の痛みも和らげる」と、さらなるイメージを膨らませて商品化され続けています。しかし、本当に美肌を手に入れたいと思うならば、コラーゲンに頼りすぎることなく、保湿と紫外線防止、そして、健康を保つための生活習作の見直しを心掛けていただきたいと思います。

食べても無意味なコラーゲン

一般的に美肌にいいといわれる食材はいろいろあります。しかし、それらが必ずしも役立つとは限りません。中でも首を傾げたくなるのが、「コラーゲンを食べたら肌がプルプルになる」といった話です。コラーゲン入りの食品を売り場で目にするだけでなく、冬場の飲食店には、コラーゲンの固まりを入れた「コラーゲン鍋」もあります。飲み物も、食べ物も、コラーゲン入り。それを食べたある女性は、翌朝、「お肌がプルプルになった!」と喜びの声を上げていました。「ねえ、触ってみて。本当にモチ肌でしょ」と職場の同僚にいって、満足気な女性の気分を害するのは気が引けるものですが、「コラーゲン鍋で肌はプルプルにはなりえない」と私は思うのです。

わざわざコラーゲンの固まりを口にしなくても、栄養バランスの取れた鍋料理を食べれば、自然に肌のコラーゲンは体内で作られます。「コラーゲン鍋」イコール「プルプル肌」ではなく、「栄養バランスが整った鍋料理」イコール「プルプル肌」なのです。結論から先に言ってしまうと、コラーゲンは食べても、肌のコラーゲンを増やすためには、はとんど役には立ちません。「ほとんど」といったのは、体内に取り入れたときに、多少、肌のコラーゲンの材料にはなると考えられるからです。その程度にしかすぎません。まったく意味がないとはいいませんが、「コラーゲンの摂取」イコール「美肌」については、科学的に見れば否定せざるをえないのです。

理由は簡単です。食べても、そのままの状態のコラーゲンが肌に到達して、肌のコラーゲンとしての役割を果たすことがあり得ないからといえます。コラーゲンはタンパク質の一種です。人間の身体はタンパク質から作られていますから、食事によって材料となる栄養分を毎日補わなければなりません。みなさんは、タンパク質が、どのようにできているかご存知ですか? 腸に入った食べ物は、バラバラに分解されて吸収されます。肉類のタンパク質も、腸から吸収されるときには、バラバラになっています。このバラバラの状態をアミノ酸といいます。タンパク質は、アミノ酸が体内で幾つもくっついて出来上がります。

ただし、タンパク質にもたくさんの種類があり、アミノ酸がどのように結合してタンパク質になるかは、遺伝子のDNA配列で決められています。肌のコラーゲンも、私たちが直接指示をしなくても、必要に応じて自然に体内で作られるような仕組みです。食べるコラーゲンもタンパク質の一種なので、体内に入ったときにアミノ酸に分解されます。アミノ酸はそのままでは身体で使うことができません。いわば材料にすぎないのです。身体の中でアミノ酸をつなぎ合わせて、それぞれの身体の組織に必要なタンパク質に再合成しなければなりません。コラーゲンを食べると体内でアミノ酸に分解されて、またコラーゲンになる。

こう考えると、食べるコラーゲンが、肌のコラーゲンの材料になることはありえます。ならば、「コラーゲンを食べて、肌がプルプルになる」というのは間違いではないと思うのも仕方がありません。ただし、食べたコラーゲンが100%肌のコラーゲンの材料になるとは証明されていないのです。人間の身体は複雑な仕組みになっています。食べたものが「肌に届きますように」と脳で考えても、細胞は事務処理的にアミノ酸を分配して輸送し、結合させてタンパク質を作っていますから、肌に届かない可能性も十分にあるのです。人間の身体の中のコラーゲンは、その約40%は肌にあります。それ以外の約60%のコラーゲンも、全身のあちらこちらに散らばっています。

コラーゲン=肌というイメージが先行しがちですが、身体では毎日、骨や関節、靭帯などでもコラーゲンを必要としているのです。全身の至るところで「コラーゲンの材料がほしい」と思っている上に、コラーゲンの材料には、「肌用」とマーキングはされていません。こうなると、早いモノ勝ち。コラーゲンを食べても、全身のどのコラーゲンに使用されるのか、わからないのです。一般的に、コラーゲンを食べると肌にいいといわれていますが、食べたコラーゲンの原料が肌に到達するかどうか、確かなことはひとつもありません。最近では、腸から吸収されるコラーゲンは、ある程度の分子の固まりの状態であることもわかってきました。アミノ酸に分解された状態ではなく、アミノ酸が幾つかくっついた状態で吸収されるのです。これをトロポコラーゲンといいます。アミノ酸からコラーゲンを再構築するよりも、トロポコラーゲンで吸収された方が再構築しやすい。

つまり、細かいブロックではなく、ブロックが幾つかくっついたパーツの状態で、コラーゲンの材料は腸から全身に入ってきます。すぐにアミノ酸を使用できる身体の各所へ、ベルトコンベアで流されるときに、細胞の末梢ともいうべき肌よりも、内臓や骨、関節などでコラーゲンが必要とされていれば、そちらで使用さえてしまうことは容易に想像がつくはずです。山ほどコラーゲンを食べれば、肌にもおこぼれが回って来るかもしれませんが、科学的にはコラーゲンを食べることによる光肌効果は.批判されていません。また、コラーゲンの入った健康食品でアレルギーを引き起こしたとの報告もあります。日常の自然な食生活の中で、コラーゲンの材料になるアミノ酸は摂取できます。無理に食べすぎることで身体に悪影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。

いっぱい食べましょう。小食ではなく分食を②

男女間わずに朝食を抜いている方は多く、昼食もしくは夕食をガッツリ食べる人がいます。これでは、細胞に十分な栄養が行き渡らないだけでなく、太りやすい。人間は生きている限りエネルギーを必要としており、細胞は必要な栄養素を欲しています。それなのに、朝食抜きでは、供給がストップしているのと同じ状態です。そんな供給ストップ状態の後に、一度に多量の栄養素が体内に入って来ると、どうなると思いますか? 体内では再び飢餓状態になることを想定して、エネルギー源になるブドウ糖をためるために脂肪をたくさん作る体制に入るのです。

貯蓄できる脂肪をためておけば、身体を動かすことも、生命を維持することも可能ですから。まるで買占めするかのごとく、ブドウ糖をため始めます。一方で、一度に入ってきた食事により、体内の隅々に栄養素が行き渡る前に、体内では栄養素の取り合いが始まります。供給ストップの後に、急に食事が流れ込んできて、飢餓状態だった細胞が栄養素を奪い合うのです。こうなると末端の肌まで栄養素は届きにくくなります。一度にたくさん食べると、脂肪はつくけれども、栄養不足。そんな状態に陥りやすいのです。

流しそうめんをイメージしてみてください。長い竹竿に適量のそうめんを流してもらうと、スーツと箸で取れて食べやすいですよね。しかし、一度に多量のそうめんが流れてくると、箸でつかみきれないどころか、慌てて食べるので、むせてしまうようなこともあります。しかも、取り損ねたそうめんは、他の人がすくつて食べてしまう。ゆっくり味わうことも、満足に食べることもできません。飢餓状態の身体で、一度に大量の食事をとったときにも、同じことが起こります。必要な栄養素が十分に得られないだけでなく、消化しきれずに大事な成分が排出されやすくなってしまうのです。残るのは、身体に必要なブドウ糖から生じた脂肪。

これでは、健康によくありません。体内に巡る栄養素のことを考えると、理想は「分食」です。小分けにして食べることを心掛けていただきたい。基本は、1日3回の食事ですが、日中に何度も食事ができる余裕があれば、1日4~5回に分けてみてください。ただし、いずれもバランスの取れた内容にする必要があり、1日の摂取カロリーは1800キロカロリーに抑える。すると、1日3回ならば1回600キロカロリーが目安。4~5回に分けるならば、1回360キロカロリー~450キロカロリー程度となります。ケーキ1個で1回分になる摂取カロリーですが、ご飯の代わりにケーキを食べるなんてことをしていると、肌には栄養素が届きませんので注意してください。上手に分食をしてたくさん食べましょう!

いっぱい食べましょう。小食ではなく分食を①

美容のためにダイエットをしている人はたくさんいます。30代では10代よりも「基礎代謝」が落ちるので体重管理は重要といえます。基礎代謝とは、ジッとしていても消費されるエネルギーのこと。つまり人間が生きていくために、最低限必要なエネルギーです。厚労省のデータによれば、女性の場合、15歳~17歳の基礎代謝は1日あたり1270キロカロリーですが、18~29歳では11180キロカロリー、30歳~49歳は1140キロカロリー、50歳~69歳は1100キロカロリーと18歳を過ぎてから右肩下がりになっています。基礎代謝に加え、身体を動かして失われる消費エネルギーを考慮して、1日の摂取カロリーは女性の場合1日1600キロカロリー~1800キロカロリーとされています。

ただし、スポーツや身体を動かす仕事などを行っている人は、それよりも多い摂取カロリーが必要となり、どれだけ食べればいいかには個人差があります。学生時代と同じ食生活をしていても、体重が増加している人もいると思います。若い頃と比べて2~3キロアップ以内に収めるようにしてください。そうでないと、生活習慣病などの病気にも結び付きやすくなるので注意が必要です。もちろん、太りすぎは、肌の細胞にダメージを与えます。一方、若い人の中には、ファッションモデルの人のような体型を手に入れるために、無理にダイエットを重ねている人もいます。

サイズの小さいファッショナブルな服装を着こなして、外見上は素敵ですが、肌の健康状態にはまったくよくありません。先のBMIで18以下の人は、少し体重をアップさせるように食生活を見直してください。お肌の健康のためにいっぱい食べましょう! 1日1800キロカロリーを目安に、ご自身の体重を測りながら、タンパク質やビタミンなどをたっぷり食べてください。脂質は肌の油分に役立ちますし、炭水化物は細胞のエネルキー源になります。バランスのよい食事は、肌の細胞も元気にしてくれます。ダイエットをしている人の中には、「炭水化物と糖分は食べない」という方もいます。

私は、一般的によくいわれる「○〇抜きダイエット」はおすすめしません。栄養バランスが崩れるからです。結果として、肌にとってもよくありません。炭水化物は、人間が活動するためのエネルギー源になります。いわば車のガソリンのようなものです。体内に入ると、炭水化物に含まれる糖類はブドウ糖に作り変えられ、身体はそれをエネルギーとして使用しています。手足を動かすだけでなく、臓器を動かすためにも、そして、脳がしっかり働くためにもブドウ糖は必要です。特に脳は、ブドウ糖を主な栄養源にしています。疲れたときにひとかけらのチョコレートを食べると集中力がアップするといわれるのは、糖分が分解されてブドウ糖になって、すぐに脳へと運ばれるために疲労を回復しやすいからです。

チョコレートは食べなくても、炭水化物でブドウ糖を身体に供給することはできます。しかし、甘いものだけでなく炭水化物も完全に控えてしまうと、身体はエネルギー不足に陥ってしまうのです。痩せすぎて、身体はガソリン切れで動かず、新陳代謝も低下して肌の表面のアカも落ちにくくなる。肌のバリア機能は破壊されてカサカサに。そんな状態を避けるには、バランスの良い食事内容こそが重要なのです。もちろん、炭水化物も食べすぎはよくありません。身体に余ったブドウ糖は、脂肪として貯蓄されるため、食べれば食べるほど、皮下脂肪の原因になります。適量を心掛けましょう。そして、1度にたくさんの量を食べないようにしてください。

ページ移動